LOG IN

【ライヴ・レポート】櫻井せゆな──ソングライターとしての進化へ〈ARTISTS! with Ranuculaceae〉@表参道NOSE art garage

by YUMEOCHi

ライヴレポート:櫻井せゆな

次世代のシンガーソングライター・歌い手が集ったアコースティックイベントが表参道NOSE art garageにて開かれた。アーティストは同世代中心に組まれたイベントで、櫻井せゆな含め普段から気心知れたメンツで小さい箱を貸し切って行われ、演者・オーディエンス含め終始暖かい雰囲気で進行した。

特筆すべきはこのイベントの舞台である表参道NOSE art garageの素晴らしさであろう。

独創的で絵本の中に入り込んだような作りになっており、少しぐずついた外の天候と合わせてちょっぴりメランコリックさも醸し出しながらイベントを視覚からも演出していた。

ライブスペース奥にはラジオ収録スペースもあり、イベントの合間にラジオ風にトークを挟むなど飽きさせない演者側の工夫も感じられた。

今回はその次世代のアーティストによるイベントの中、以前インタビューを行った櫻井せゆなに焦点をあてお届けする。

Sentence:RyO

Photo:許禕&mari kasai

イベントはAimerのcoverであるStarRingChildから始まる。個人的にAimerが大好きなだけあってプログラムをもらっていた時点でとても楽しみにしていた。

櫻井せゆなはレベルアップしていた。正確に言うとインタビュー後、YouTubeにアップした新曲を聞いて以来、ライブは拝見したことがなかった。レベルアップしたというよりライブで表現する方が得意なのかも知れない。それはそうと、伸びのある声と、何より「彼女自身の声」で歌ってくれたおかげで安心して、むしろ感心して聞けた。

櫻井せゆな

続いてVOCALOID楽曲であるtanzaniteを披露。泣けるボカロバラードとして有名なこの楽曲を彼女はどう表現してくれるのだろうか。

ピアノ弾き語りは彼女のもっとも得意とする表現である。先ほどの儚くも力強い表現のStarRingChildとは違い、しっとりとした歌声で歌い上げ、歌詞の意味まで大事に噛み締めているように聞こえた。

客席も曲中に頷くなど反応を見せており、櫻井せゆなはしっかりとバラードで聴かせられる技術を持っていることがわかった。

やはり、ただライブが得意なだけではなくレベルアップしたのではないのだろうか?それもかなり。

(左から、さうす・櫻井せゆな・岡花菜乃*)

イベント中盤でトークセッションに移行。普段から親交のあるメンバーなだけに和やかに会話が進む。

事前にリスナーから募集された質問、「歌を始めたきっかけは?」という問いに櫻井は、

「自分はどうしようもないメガ陰キャ。どうしてもこんな自分を変えたくて歌を始めました。」と答える。この辺の質問は以前インタビューした記事、「櫻井せゆなはカメレオンシンガーになれるか?」で深く掘り下げているのでぜひ参考にしてほしい。

「今後の活動方針は?」という質問に、櫻井はこう答えた。

「オリジナル曲を増やしていって、シンガーソングライターの方をメインに活動をしていきたい。歌ってみたの方面は一度退いて、新たな界隈で自分の実力を試してみたい」と語った。

「自分を変えたくて私は今ステージに立っている訳だけれど、今度は自分の作った歌を聴いて誰かの自信とかルーツに繋がったらいいな、と思います。」

次は彼女自身が作詞作曲したという曲、「君の温度」を披露した。

今年4月に発表された新曲、「お姫様はロンリーガール」から櫻井せゆなを知った筆者は今回のライブでは驚きの連続だった。

自身で作詞・作曲したというオリジナル曲、「君の温度」はまさに現在の櫻井を知る上では欠かせない楽曲だと言える。「自分の作った曲を他人に評価してもらうことはすごく怖いけど、たくさんの人に好きっていってもらえる曲です。」と自身の楽曲の中でも大切な曲としている。

「時がたったら忘れてしまうもの 私にはこの先も大事で どうしても忘れたくないの」

そう歌う彼女はこの一瞬一瞬を大切に、自分の歌声で繋ぎ止めているように感じた。

イベント終盤、出演者全員で「めざせポケモンマスター」を歌って終了。

終始笑いありの暖かい雰囲気での締めくくりとなった。

気になったのは、中盤トークセッション時の櫻井の言葉「ソングライター活動をメインに、歌い手活動は一旦退く」という言葉。今回のイベントを通して、シンガーとしてもソングライターとしてもレベルアップしている彼女。歌い手界隈から飛び出して、色々な世界に触れてほしいと素直に感じた。十分に戦えるだろう。

なるほど、お姫様はロンリーガールでの彼女は、旅立つ準備をすでにしているのかもしれない。

PICK UP LIVE

PROFILE

櫻井せゆな(シンガー)

2010年から動画投稿サイトにて活動開始。今年4月に「お姫様はロンリーガール」を発表。

歌手活動の中でも幅広く活躍しており、歌い手として動画投稿活動の他に、シンガーソングライターとしての弾き語りや、アコースティックライブも行なっている。

7月15日に新宿FNVで行われる「唄うたいFES」に出演が決定している。

OTHER SNAPS